通信制高校での指導

通信制高校の概要について

通信制高校とはどんな高校?

通信制高校とは、レポートの提出や面接指導、試験などを行って、高校の卒業資格を得られる高校のことです。単位制を採用している場合が多いので、それぞれのスピードで学習を進められます。最短で3年、10年以上かけて卒業する方もいます。レポートの提出は、自宅で学習し学校が定めた数行います。更にそのレポートを添削してもらいます。面接指導はスクーリングとも呼ばれ、学校に登校する日です。学校ごとに決まっており、月2回程度が多いですが毎日登校するタイプや年5日の合宿方式での面接指導まで様々あります。

↑PAGE TOP