学校とインターン

学校とインターンシップ

学校における進路支援

昨今の就職状況をめぐる情勢から学校教育におけるキャリア教育が充実しています。従来も中学における職場体験や小学での職場見学はありましたが、高校での進路教育が充実してます。高校では就業体験に力を入れるようになり、就職を希望する生徒の多い学校では積極的なインターンシップが行われ、地元企業へと派遣されています。また、課外活動の一環として行われる就業体験やオープンスクールもまたキャリア教育の一環と言えるでしょう。従来は進学先や就職先の情報などを生徒が情報を集めるという機会があまり設けられていませんでしたが、多様化する進学先とそこで学べる専門知識や、就職後の不安やより良い就職先の選定のためこのような課外活動が充実していると言えます。

インターンシップについて

現代の大学生は、何のために学校で課外活動に取り組むのかという問いに対し、就職に有利だからという理由をもつ者が多いです。実際にインターンシップに直接つながるような学校での活動を選ぶ学生も多くなっています。インターンシップそのものを課外活動という位置付けで取り組む人もいるほどです。それくらい現代の学生は入学当初から卒業後の進路につながる学生生活を考えていると言えます。ボランティア活動などに、就職活動にプラスになりそうだからという理由で参加するというようなこともその表れです。就職難の時代背景がこのような学生を活動に導いたとも言えるでしょう。

↑PAGE TOP